契約を結ぶ際の握手

税理士と顧問契約の前に確認するべき5つのポイントをご紹介!

経営に関するアドバイスも出来る税理士を選ぶ

オフィスビル

経営に関するアドバイスを全くしてくれない税理士も残念ながら多くいます。税務の専門家であって経営の専門家ではないというのです。

しかし、顧問契約を結ぶ以上、会社が良くなるための経営的なアドバイスもほしいところです。会計データから読み取れる情報は非常に多くあり、適切に分析すれば有効なアドバイスを行うことができます。
実際、サービス意識の高い税理士は少しでも顧客に貢献しようと経営分析の勉強は欠かしません。

また、会社の状況に応じて必要なアドバイスは異なります。創業間もない時期であれば、金融機関の評価の上がる体制や規模拡大のためのアドバイスが必要です。
ある程度の期間の経った会社には、強固な財務体質を作るポイントや売掛金などの内部の管理体制の構築が必要です。また、創業者が引退を考えているような時期においては、事業の承継についても考える必要があります。

良い税理士を選べば、経営に関するよき相談相手となるでしょう。そのためにはしっかりと事前確認をすることが大切です。
いったん顧問契約を結べば、なかなか解除するのは難しいものです。こちらが求めるアドバイスをくれるのかどうか、またその能力を有しているかどうかを見極めましょう。