契約を結ぶ際の握手

税理士と顧問契約の前に確認するべき5つのポイントをご紹介!

「顧客目線」がある税理士を選ぶ

スーツを着た男性

税理士法に定められた税理士の使命は、「納税義務の適正な実現」です。
したがって、正しい税金を計算して、会社に納税してもらうことが仕事になります。はっきり言えば、納税者から提出された資料に基づいて各種申告書を作成することだけが本来業務です。

一方、経営者としては相談したいことがたくさんあるはずです。起業して間もない時期には、資金調達について悩むでしょう。
順調に事業が成長していくと、法人組織化したほうが良いのかなどの疑問も生まれます。業績が好調で、莫大な利益が出そうな年には税金対策の必要性も出てくると思います。このあたりに税理士と顧客のギャップがあります。

基本的な業務のみを黙々と行うだけの税理士は、まだまだ多くいるようです。記帳代行や給与計算などの作業に特化した人も多く見かけます。顧客にとって本当に必要なサービスを考えることのできない税理士は、顧客目線があるとは言えません。

また、相談に乗ってくれたとしても説明が分かりにくくては意味がありません。
税務の分野には難解な用語が多く登場します。専門用語は簡単な言葉に置き換えて説明し、例えや具体例を使って分かりやすく伝えてくれる税理士もいます。
顧客の目線に立ったコミュニケーションができなければ、これも顧客目線があるとは言い難いです。

うまく選べば、良き経営者の良きパートナーとなってくれることでしょう。顧客目線があるかどうかを判断基準に、良い税理士を選びましょう。